お役立ちコラム-column-

風俗嬢の会話ネタ6選!お客さんと話す内容を選ぶポイント

風俗嬢として働く女性にとって、プレイはメインのサービスです。
しかし、ただプレイを頑張るだけでは次の本指名につなげることはできません。

お客さんに充実感を感じてもらうためには、プレイ前後に十分なコミュニケーションを取ることが重要です。会話を通して2人の距離が縮まり、お客さんの満足度が上がれば、リピート指名してもらえる可能性も高くなるでしょう。

そこで今回は、会話の話題を選ぶときのポイントや風俗嬢におすすめの会話ネタ6選、避けるべき話題を解説します。プレイ前後にどのような話をすればよいかわからない人や、トークスキルに自信がない人は、基本の会話ネタから話し始めてみてください。

1.風俗嬢が会話の話題を選ぶときのポイント

風俗嬢が話題を選ぶときのポイントは、「お客さんが」興味を持ちやすく、気軽に会話が続く話題やネタにすることです。

基本的に、自分が話したい・興味がある話題と、お客さんが好む話題は異なります。
たとえば、ファッションやコスメの話題などは、全く興味がないお客さんがほとんどです。また、インドア系の人にアウトドアの話題を振っても会話は続かないでしょう。

お客さんに心地よい時間を過ごしてもらい、肉体面だけでなく精神的にも十分な満足感を得てもらうためには、会話によって緊張を取り除くことが大切です。
お客さんとの距離を縮めてお互いにリラックスするためにも、話題選びは慎重に行いましょう。

2.【基本】風俗嬢におすすめの会話ネタ6選

お客さんとの会話が重要だということは理解していても、実際にお客さんと対面して挨拶したあとに沈黙してしまう人は多いでしょう。
初対面となるお客さんの好みがわからず、会話のとっかかりが掴めない人は少なくありません。

ここでは、お客さんと対面してから会話に入る際におすすめの会話ネタを6つ紹介します。

2-1.お客さんの関心を引き出す「趣味」

最もお客さんの関心を引き出しやすい話題は、「趣味」に関する事柄です。
自分が好きなものや強い関心があるものに関して、「誰かに聞いてほしい」「誰かと語り合いたい」と思う人は多くいます。

初対面でお客さんの趣味がわからない場合は、素直に「趣味は何ですか?」「好きなものが知りたいな」と質問してみましょう。お客さんの趣味に対して、興味を持って詳しく尋ねたり気持ちに共感したりすることで、心の距離を縮めることができます。

よく知らない・聞いたことがない趣味であっても適当に流さず、「あまり詳しくないので教えてください」という謙虚な姿勢で聞き役に徹すると効果的です。

2-2.当たり障りなく盛り上がる「出身地」

「出身地」に関する話題は、どのお客さんでも当り障りなく盛り上がることができるトークテーマです。

お客さんと同じ出身地の場合は、地域や方言に関する共通点で一緒に盛り上がれます。地元を離れて長い人であれば、話し方が懐かしいというだけで喜ばれることもあるでしょう。

お客さんと出身地が違う場合であっても、お互いの出身地ならではの特色や方言によって苦労した思い出などを紹介することが可能です。出張や旅行が多いお客さんの場合は、おすすめの観光名所や穴場スポット、名産品の話題などで会話が続きやすくなります。

2-3.多くの人が興味を持つ「グルメ」

興味を持つ人が多い「グルメ」に関する話題は、鉄板ネタのひとつです。

食べ歩きが好きな人は「グルメ=趣味」となる場合もあり、常連となっているお店やおすすめのお店について語りたがっていることも少なくありません。知っているお店であっても「そこは知ってる」ではなく、「お客さんのおすすめするメニューは何ですか?」など、興味があることを示しましょう。

また、お客さんが特別な食通でなくとも、好きな家庭料理やコンビニのスイーツなど、身近なグルメに関する話題で盛り上がる可能性があります。
おいしい食べ物の話題は話を広げやすいため、積極的に利用しましょう。

2-4.世代や性別を問わない「流行りのニュース」

強い興味がなくとも知っている人が多い「流行りのニュース」は、世代や性別を問わず会話の導入部分として便利な話題です。

特に、テレビやネットで連日大きく取り上げられている話題であれば、共通のネタとなる可能性が高くなります。お客さんがよく利用する媒体によって話題になるニュースは異なるため、テレビやSNS、週刊誌など複数の情報源をチェックしてネタを仕入れておきましょう。

ただし、中には流行りものを嫌う人もいます。あまり反応がよくない場合は別の話題に切り替え、お正月やハロウィンなどの季節のニュースに触れることをおすすめします。

2-5.親近感を持たれやすい「失敗談」

深刻さが感じられない「失敗談」は、お客さんから親近感を持たれやすい話題です。
失敗談は、自分自身ではなく「お客さんが軽く笑い飛ばせる」ネタにしましょう。

たとえば、「電車のドアにコートの紐が挟まって動けなくなった」「歯磨き粉と洗顔フォームを間違えてしまった」といった程度がおすすめです。
失敗談を笑い話にして明るく盛り上げることで、その場の緊張を和ませることができます。

本気で落ち込んだ話や犯罪にまつわる話、身内の相談話など、失敗談でもお客さんが聞いて不快になる・心配する可能性がある話題は避けましょう。

2-6.懐かしさで盛り上がる「学生時代」

「学生時代」の話は、お互いに懐かしさを語り合うことで盛り上がれる話題です。

小学校から大学までの学生時代には、成績や部活以外にも校舎や制服の種類、年間行事、名物の先生など、話題になるネタがたくさんあります。

また、学生時代の話題は、過去から現在につなげて会話を広げやすいことも特徴です。
たとえばお客さんが運動部だった場合、体型や筋肉の話題に派生させることができます。文化部であれば、当時から続けている活動が今の趣味や仕事に活かされているケースも少なくありません。

風俗店でお客さんと初めて対面したときは、ここまで紹介した基本の会話ネタから、盛り上がれるトークテーマを選んでみてください。

3.風俗嬢が最初に選ぶべきではない会話ネタは?

話が続きやすい・広がりやすい会話ネタの中には、いきなり話さないほうがよい話題もあります。
下記の話題はお客さんの機嫌を損ねる可能性があるため、様子を見つつ振るようにしましょう。

  • 仕事に関する話題や愚痴
    風俗嬢と遊ぶときに仕事や職場のことを思い出したくない人は多くいます。また、愚痴系の話は場が暗くなりやすいため、注意が必要です。
    仕事が順調で気分よく語っている場合や愚痴を話してストレス発散したがっている場合は、上手に相槌を打って聞いてあげましょう。
  • 過去の恋愛経験
    恋愛経験が乏しい男性の場合、過去の恋愛を明かしたくない人もいるため、根掘り葉掘り聞くことはやめましょう。恋愛経験が豊富で武勇伝を語りたがっている場合は、きちんとお客さんを持ち上げつつ聞き役に徹して問題ありません。
  • 風俗店の利用頻度
    風俗店の利用頻度を聞くと、懐事情を探られていると感じて嫌悪感を抱く人もいます。
    ただし、お客さんの性癖や好きなプレイ内容に関してはその後の時間を盛り上げる材料となるため、プレイ前の会話で最後に振ってみるとよいでしょう。

上記はいずれも、大っぴらに話したがる人とあまり聞かれたくない人に分かれる話題です。軽く振ってみても言葉を濁すようなら、その話題は避けましょう。

まとめ

風俗の仕事は接客業であるため、お客さんに会話を振るときは「自分が話したい話題」ではなく「お客さんが話したい話題」を選ぶことが重要です。

風俗嬢とお客さんが対面したときの会話ネタは、趣味・出身地・グルメ・流行のニュース・失敗談・学生時代などの話題を選べば、沈黙が続く事態を避けられるでしょう。

ただし、お客さんが興味を持つ話題は一人ひとり異なります。また、仕事や恋愛、風俗に関する話題は嫌がられる可能性もあります。

そのため、お客さんの様子を伺いながら、盛り上がれる会話ネタを選びましょう。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム

電話でお問い合わせ

ページ上部へ