お役立ちコラム-column-

風俗の繁忙期・閑散期はいつ?各時期の稼ぎ方・本指名の重要性も解説 | 大阪の高収入風俗(ホテヘル)求人なら激安商事グループ求人サイト

ホテヘルやデリヘル、ソープには繁忙期・閑散期があり、時期によっておすすめの働き方が異なります。繁忙期・閑散期をあらかじめ把握し、適切に準備することで、効率的に稼ぐことが可能です。

当記事では、仕事を始めて間もない風俗嬢や出稼ぎを考えている女性に向けて、風俗店の繁忙期・閑散期を紹介します。繁忙期・閑散期のおすすめの働き方はもちろん、時期を問わずに安定的に稼ぐためのコツも紹介するため、理想の収入を実現するための教科書としてぜひ参考にしてください。

 

1.風俗の繁忙期は?

風俗業界には、毎年多くのお客さんが来店する繁忙期と、客足の遠のく閑散期があります。

風俗の繁忙期の代表例は、年末年始・GW・ボーナス支給時期・お盆休み中など、街が賑わうタイミングです。以下では、それぞれの時期が繁忙期にあたる理由について解説します。

年末年始
年末は、忘年会や送別会後に風俗店を利用するお客さんが多い時期です。お正月は休暇を取る風俗店もあるため、開店しているところに、多くのお客さんが来店します。
GW
GWは、旅行中に風俗店を利用する利用するお客さんが多い時期です。地方の風俗店では、観光ついでに遊びに来るお客さんが増加する時期にもあたります。
ボーナス支給時期
ボーナス支給時期は、給料以外の臨時収入が入ることで財布の紐が緩みやすく、風俗店を利用するお客さんが増えます。ロングコースや高額オプションを選択するお客さんが増加する時期にもあたり、単価アップをねらうことが可能です。
お盆休み
お盆休み中は、帰省中に風俗店を利用するお客さんが多い時期です。地元の友人との飲み会からの流れで、風俗店を利用するお客さんが目立ちます。

カレンダーの月でいうと、1月・5月・7月・8月・12月が風俗業界の繁忙期です。とくに1月・7月・8月・12月はお客さんが集中しやすく、風俗店自体が潤う時期にあたります。

 

1-1.繁忙期に稼ぐためのポイント

繁忙期は、風俗嬢にとっての稼ぎ時です。以下のポイントを意識することで、効率的に稼ぎましょう。

出勤日数を増やす
お客さんが集中する時期は本指名や写真指名を獲得しやすいため、出勤日数を増やしましょう。また、大型連休と重なる繁忙期は、休暇を取る風俗嬢が増える時期です。他の風俗嬢が休暇を取っている時期こそ「狙い目」と考えて、積極的に出勤しましょう。
延長をおねだりする
お客さんの財布の紐が緩んでいる繁忙期は、延長する傾向があります。自分のことを気に入ってくれたお客さんには延長をおねだりし、単価アップをねらってください。

出勤日数を増やすためには、体調を万全に整えて、事前準備を徹底することも大切です。真夏や真冬はとくに体調を崩しやすいため、十分な睡眠時間を確保して、体力を蓄えましょう。体調を万全に整えて出勤すると接客の質が高まり、お客さんに気に入ってもらえる可能性がアップします。

 

2.風俗の閑散期は?

お客さんの財布の紐が締まるタイミングは、風俗業界にとっての閑散期です。具体的には、2月・3月と6月、9月・10月・11月が風俗業界にとっての閑散期にあたり、人気店や有名店でも稼ぎにくい時期といえます。

それぞれの期間が閑散期にあたる理由は、以下のとおりです。

2月・3月
2月は、年末年始で散財して懐が寒くなるため、閑散期にあたります。3月は、4月からの新生活に向けて出費を控えるお客さんが増えることで、風俗店から足が遠のきやすい時期といえます。
6月
6月は世間のお金の動きが穏やかで、来店するお客さんの減る時期です。また、6月は梅雨のシーズンにあたるため、外出自体を控えるお客さんも目立ちます。
9月・10月・11月
9月前半と10月・11月は目立ったイベントが少なく、「風俗店に行こう」という気持ちになりにくい時期といえます。また、9月・10月・11月は、クリスマスや年末年始に向けて出費を抑制するお客さんもいる時期です。

風俗嬢は完全歩合制で働く職業であるため、閑散期は思うように稼げないケースがあります。閑散期には、「どのような対処を取れば、稼げるか」を意識した対策をして、目標とする収入ラインを維持しましょう。

 

2-1.閑散期に稼ぐためのポイント

たとえ閑散期でも、一部の風俗嬢はさまざまな努力や工夫によって、自分自身の目標とする収入ラインを維持します。閑散期でも稼げる風俗嬢になるためのポイントは、以下のとおりです。

写メ日記の更新頻度を上げる
閑散期は客入りの悪い時期とはいえ、利用者数がゼロになるわけではありません。写メ日記の更新頻度を上げるとお客さんの目にとまる可能性が高まり、稼ぐチャンスを得られるでしょう。
また、閑散期は、他の風俗嬢も写メ日記を頑張る時期といえます。更新頻度が低いと、他の風俗嬢にお客さんを取られてしまうケースもあるため、注意しましょう。
お客さんが入る時間帯にシフトを入れる
閑散期は、繁忙期のように、どの時間帯に出勤しても稼げるわけではありません。夜間や金曜・土曜・日曜などのお客さんが比較的多い時間帯に出勤し、稼ぐチャンスを増やしましょう。

閑散期は次の繁忙期に向けて、ダイエットに取り組んだり美容院に行ったりする方法も一案です。繁忙期に頑張った自分自身へのご褒美として旅行に出掛けて、リフレッシュしてもよいでしょう。

 

3.繁忙期・閑散期関係なく稼ぐためには「本指名」が重要

繁忙期・閑散期など、時期に関係なく稼ぐためには「本指名」が重要です。

本指名とは、過去に接客したお客さんが名指しで来店してくれることを指します。本指名料は写真指名料より、約1,000円高いことが一般的です。

本指名のお客さんにはフリー限定の割引が適用されないため、お客さんは正規のコース料金に加えて本指名料を支払わなくてはなりません。しかし、お客さんは「本指名料を払ってでも、新しい風俗嬢と遊んで失敗するリスクを避けたい」「気に入った風俗嬢に会いたい」といった理由から、本指名を行います。

 

3-1.本指名を取ると稼ぎが増す理由

本指名を取った風俗嬢には、1本あたり約2,000円の指名料が支払われます。

たとえば、60分コースで9,000円のバックがもらえる風俗店の場合、一人のお客さんを接客するだけで、約1万1,000円を得ることが可能です。2本の本指名を取った日は約4,000円、3本の場合は約6,000円の指名料が、当日の給料に上乗せされます。

さらに、本指名のお客さんは、予約をキャンセルするリスクが低いことも特徴です。効率的に高収入を得たい人は、本指名の獲得を目指しましょう。

 

3-2.本指名を増やすためのコツ

では、本指名を増やすためには、どのようなポイントを意識すればよいでしょうか。本指名を増やすためのコツは、下記のとおりです。

  • さまざまなプレイテクニックを身に付けて、お客さんの満足度を高める
  • 最後の1分まで気を抜かず、丁寧な接客を心掛ける
  • 決まった時間や曜日に出勤する
  • お客さんを喜ばせる会話術を身に付ける

毎回プレイが同じでは、お客さんは風俗嬢に対して飽きを感じてしまいます。さまざまなプレイテクニックを身に付けることで、お客さんに毎回新しい体験を提供することができ、継続して本指名をしてもらえる可能性があります。風俗業界が未経験の女性であれば、男性スタッフにアドバイスをもらうことがおすすめです。

また、出勤の時間・曜日が安定しない人は、本指名を取りこぼす傾向にあるため、なるべく出勤の時間・曜日を固定して本指名の取りこぼしを防ぎましょう。

風俗店を利用するお客さんは、心身ともに満足させてくれる風俗嬢に好感を抱く傾向があります。お客さんを喜ばせる会話術を身に付けたり、最後の分まで丁寧な接客をすることを心掛けたりして、お客さんにとって心地よい環境を提供することも、本指名を獲得する上では大切なポイントです。

 

まとめ

今回は、風俗業界で効率的に稼ぎたい人に向けて、繁忙期や閑散期はいつかと時期に応じた働き方を解説しました。

風俗業界の繁忙期は、年末年始やGW、ボーナス支給時期やお盆休みの期間中、風俗業界の閑散期は2・3・6・9・10・11月です。効率的に稼ぎたい人は、写メ日記の更新頻度を上げたり、お客さんが入る時間帯にシフトを入れたりして、閑散期を乗り切りましょう。

繁忙期・閑散期を問わずに稼ぐためには、本指名を増やす方法がおすすめです。プレイテクニックを磨いたり安定的なシフトで出勤したりすることで多くの本指名を取り、稼げる風俗嬢を目指してください。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム
激安グループ各店舗一覧

電話でお問い合わせ

ページ上部へ