お役立ちコラム-column-

風俗嬢は営業メールを送るべき?効果的な営業メールのコツと注意点 | 大阪の高収入風俗(ホテヘル)求人なら激安商事グループ求人サイト

風俗嬢はキャバ嬢と違い、お客さんに対する営業は基本的にありません。しかし、営業メールを上手に活用すれば、風俗嬢は本指名や姫予約獲得の可能性を上げることができます。

今回は、風俗嬢が営業メールを送るメリットや、営業メールを活用するときに押さえておきたい5つのコツ・注意すべき3つのポイントについて解説します。「風俗嬢として頑張って働いているけれど、なかなか本指名がもらえない」と悩む人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗嬢が営業メールを送るメリット

キャバクラなどを利用する男性は、キャバ嬢と仲良くなりたい人や、駆け引きを楽しみたい人が多いため、交流の一環として営業メールやライン(LINE)でのやり取りが重要視されています。

一方で風俗店は、風俗を利用する男性は、女性とより密に交流したいと思う人が多いため、交流を目的としたメールを重要視していない風潮があります。そのため、営業メールを面倒と思う風俗嬢もいるでしょう。しかし、営業メールを活用すれば、下記のメリットを得ることができます。

  • お客さんとの距離が縮まるため、本指名をもらえる可能性が上がる
  • お客さんが来てくれるようになり、給料アップにつながる
  • お客さんを呼ぶ努力をすることで、スタッフに気に入ってもらえる

お客さんと友好的な関係を築くことができれば本指名や姫予約につながり、お客さんが付かずお金にならない時間を減らせます。お客さんを呼ぶ努力をする姿勢は店舗スタッフによい印象を与えるため、職場の居心地もよくなる可能性は高いでしょう。

 

2.風俗の営業メール|押さえておきたい5つのコツ

風俗において、営業メールを送る場合、どのようなメールが喜ばれるのか分からない人も多いでしょう。営業メールを本指名や姫予約につなげるためには、いくつかのコツを実践する必要があります。

ここでは、風俗嬢が送る営業メールの内容や、送り方について押さえておきたい5つのコツを解説します。

 

2-1.感謝の言葉を入れる

メールに感謝の言葉を入れることで、お客さんは読んでいてうれしいと感じます。同時に、社会人としての礼儀正しさも伝えられるため、来店後や連絡先の交換後はお礼のメッセージを入れてください。

さらに、「〇〇さんと出会えてうれしいです」という言葉や、「〇〇さんだけ特別に」といったお客さんが特別扱いされていると感じる内容や、プレイについての感想などを加えるとよいでしょう。

 

2-2.お客さんの名前を入れる

お客さんの名前を入れることにより、「自分だけにメールを送ってくれた」と感じるためお客さんは喜びます。不自然な文章にならないよう注意しつつ、1件のメールに1~3回を目安にお客さんの名前を入れてください。

複数のお客さんに送る場合はテンプレートを作成し、名前の部分をお客さんごとに変え、個別に送信するようにしてください。文章の途中にお客さんの名前を入れることで、使いまわしの文章という印象が薄くなります。

 

2-3.写メを添付する

写メを添付することにより、お客さんに顔を覚えてもらえる効果があります。しかし、毎回写真を送るとお客さんは返答に困り返信率が下がるため、3回に1回くらいのペースで写真を添付しましょう。

下記のような写真を撮り溜めておくと便利です。

  • 髪型やメイクを変えたとき
  • 新しい服やランジェリーを買ったとき
  • 料理をしたとき
  • イベントでコスプレをしたとき

写メ日記と同じ写真は、お客さんが気づくとがっかりしてしまいます。店舗のホームページや写メ日記と同じ写真を送ることは避けてください。

加えて、住居を特定されてしまうものなどが写らないように注意することも大切です。日常生活の写真で親近感を持ってもらいつつ、たまに少しエッチな写真を送るなどの変化を意識するとよいでしょう。

 

2-4.1回は「?」マークを使う

「?」マークを使い質問を入れることで、お客さんは返事の内容を考えやすくなったり、「自分に興味を持ってくれている」と感じ喜んだりします。

しかし「?」マークを使いすぎると、お客さんは質問責めをされているような気持ちになり、返信を面倒に思う可能性があるため注意が必要です。

1回「?」マークを入れ、その後は会話を見ながら「?」マークを使うべきか判断するようにしてください。

 

2-5.定期的に送る

定期的にメールを送ることで、お客さんとの関係を最低限維持できる効果があります。お客さんから返信がなくても諦めず、週1回を目安に定期的にメールを送りましょう。

風俗嬢とお客さんは恋人ではないため、返信がなくても落ち込む必要はありません。お客さんが返事を考えやすい文章を送ってください。

 

3.風俗の営業メール|注意すべき3つのポイント

営業メールを活用することでさまざまなメリットがありますが、何も考えずただ送るだけでは意味がありません。配慮のないメールを送ると、新規リピーターの獲得はおろか、常連客の客足まで遠ざかるなど、逆効果となる可能性があります。

ここからは、風俗嬢が営業メールを送る際に注意すべき3つのポイントを解説します。

 

3-1.お客さんとの信頼関係

営業メールを送る目的は、お客さんとの信頼関係を築き、距離感を縮め指名につなげることです。初めは営業感を出さず、雑談を中心に交流をしていくことが求められます。営業メールの労力を少しでも減らすため、指名につながる可能性の高い人を見極めましょう。

次のようなお客さんには積極的にメールを送りましょう。

  • 妻や彼女がいない人
  • 会話が盛り上がった人
  • プレイよりも会話中心の人

一方で、営業メールから指名につながらないお客さんの特徴は、下記のとおりです。

  • 妻や彼女がいる人
  • 時間が余っていても帰ろうとする人
  • 会話が続かなかった人

連絡先を交換したお客さんに対しては「営業メールを送って問題ないか」「送らないほうがよい時間帯」を最初に聞き、トラブルが起きないように注意してください。

 

3-2.お客さんに送る内容

メールの内容は、「温かみがある・読みやすい・返信しやすい」ことを心がけてください。画面をスクロールせずに読み切れる長さの文章が目安です。用件のみを伝えるメールや露骨な営業メールは、お客さんとの距離が遠ざかる可能性があるため注意してください。

また、お客さんが日記を読んでいる可能性を考え、日記の文章をコピー&ペースト(コピペ)することも避けましょう。

「かまってほしい」といった内容のメールは、お客さんが喜ぶと事前に分かっている場合に限り使用しても問題ありません。風俗嬢は、お客さんの好みを見極め、お客さんが好む女性を演じることが大切であるため、相手の好みを常に把握しようと努めてください。

 

3-3.送る時間・タイミング

営業メールは、相手の都合を考え、ベストなタイミングに合わせることで返信をもらいやすくなります。平日の昼間に仕事をしているサラリーマンを例にした場合、下記の時間帯に営業メールを送ることがおすすめです。

  • 出勤日:11時~14時
  • 出勤前日:19時~21時

11時~14時はお昼休みの人が多いため、メールを返信してくれる可能性が上がります。19時~21時は帰宅の時間帯であるため、「今日もお疲れ様です」といったねぎらいの言葉から入りつつ営業につなげましょう。

月曜日は、週初めで憂鬱な気持ちの人が多いため、「今週もがんばってね」など気遣いのメールを送ると、好感度アップにつながります。また、お客さんの一週間のスケジュールが定まっている場合が多く、空いている日を尋ね来店を提案しやすいタイミングでもありまます。

一方、待機中(夕方やゴールデンタイム)のメールは、営業メールという印象を強く与える可能性があるため避けましょう。早朝や深夜など、お客さんが寝ている時間帯の送信も控えてください。

お客さんとやり取りをするときは、相手の返信を待たずにメールを連続送信すると、お客さんは返信を面倒に感じるため注意が必要です。逆に、会話が盛り上がっているときはテンポよく返信することを心がけてください。

 

まとめ

風俗嬢は営業メールを上手に活用し、本指名や姫予約を獲得して収入アップを実現することが可能です。感謝の言葉や写メの添付など、5つのコツを押さえることでお客さんとの距離を縮めることができます。また、指名につながる可能性の高い人や送る時間・タイミングなど3つのポイントを見極めることも重要です。

「温かみがある・読みやすい・返信しやすい」文章を意識し、お客さんの好みを把握し対応を変えることで、多くの顧客獲得が期待できます。今回の内容を参考に、お客さんが喜ぶ営業メールを送りましょう。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム
激安グループ各店舗一覧

電話でお問い合わせ

ページ上部へ