お役立ちコラム-column-

【業種別・エリア別】風俗の客層|マナーの悪いお客さんの対処法

どのようなサービス業においても、客層の良し悪しは働きやすさや心身のストレスに大きく影響します。マンツーマンで接客を行う風俗業においては特に重要です。これから風俗のお仕事でお金を稼ぎたい女性で、風俗を利用する男性の傾向や客層について知りたい人もいるでしょう。

今回は、風俗を利用する男性の傾向から、エリア別・業種別での風俗の客層、万が一マナーの悪いお客さんにあたった際の対処法までを紹介します。

少しでも客層の良いお店で働きたい人や、不要なトラブルを避けて安心して働きたい人は、ぜひ参考にして下さい。

1.風俗を利用する男性はどんな人が多い?

風俗を利用する男性は、風俗の種類に関わらず一般的に下記のようなことを求めている人が来店します。

  • 性的な欲求を満たしたい
  • 女性に甘えたい
  • 寂しさを埋めたい

風俗店の客層はお店のランクによって大きく異なることが多く、1回の支払い金額が高い高級店ほど懐に余裕がある遊び慣れた人が来店する傾向があります。反対に、一般店や格安店では、収入が少なく余裕がない人が来店する傾向が見られます。

また、客層については、業種・コンセプト・エリアによっても違いが見られる場合があります。風俗の客層の中心となる年齢層は20代~40代となりますが、60代以上の人も普通に来店するため、年齢層についてはバラバラです。

客層を重視して働くお店を選ぶならば、できるだけランクの高いお店を選ぶと良いでしょう。

1-1.基本的には「普通の人」が来店する

風俗のお客さんは、怖い人・柄の悪い人・清潔感のない人が来店する印象がありますが、お店もある程度お客さんを選んで入店させているため、基本的には普通の人が来店します。

しかし、中には見た目からは分からない特殊な性癖を持つ人や、マナーの悪い人などが来店してしまう場合もあります。また、お店の顧客管理や対応がいいかげんである場合は、他店で断られるようなお客さんが来店する場合もあります。

そのため、悪いお客さんを避けるためには、管理や対応の行き届いた健全なお店で働くことがポイントです。

2.【業種別】風俗を利用する男性の客層

風俗店はさまざまな年齢層・容姿・職業のお客さんが来店しますが、同じ風俗でも業種によって一定の傾向が見られます。

ここでは、風俗を利用する男性の客層について、業種別にそれぞれ解説します。

●ソープ

ソープは最も濃厚なサービスを提供するお店であるため、ある程度お金を持っているお客さんが多い傾向です。

中高年層のお客さんが比較的多く見られますが、女性経験の少ない若年層も一定数見られます。また、高級店では客層も良好な傾向がありますが、一般店や格安店ではマナーの悪いお客さんが来店するお店もあります。

ソープは濃厚なサービスを提供するため、マナーの悪いお客さんの対応には特に注意が必要な業種と言えるでしょう。

●ヘルス

ヘルス(店舗型ヘルス・デリヘル)は最も店舗数が多い業種であるため、さまざまなお客さんが来店します。客層はお店のコンセプトによって異なり、人妻系や不倫系では中高年層、学園系などのコスプレ店では若年層のお客さんが多く見られます。

ヘルスは店舗の数が多いことから、相対的に低価格帯のお店や若年層が多いお店では、リスクとなるお客さんが多い場合もあります。そのため、管理や対応が行き届いたお店を選ぶことが重要です。

●オナクラ

オナクラは、オナニーを見てもらいたいM気質のお客さんが多く来店します。直接性的サービスを行うわけではないため、トラブルやリスクとなるお客さんはほぼいません。

ただし、オプションサービスが豊富なオナクラの場合は、ヘルスとほぼ変わらないプレイ内容となります。ヘルスと同じようなプレイを提供するお店では、客層が異なる点に注意しましょう。

●SMクラブ・M性感

SMクラブやM性感は、特殊な性癖を解消するお店であることから、客層に不安を抱く女性も少なくありません。しかし、SMクラブやM性感を利用するお客さんは基本的に受け身となるため、S嬢の言うことに素直に従ってくれることがほとんどです。

また、比較的高額であることからお金を持っているお客さんが多く、客層は意外と良い業種です。

●風俗エステ

風俗エステのお客さんは、日々の疲れを癒すことと性欲を満たしたいことの両方の意図を持って来店します。

風俗エステを利用するお客さんは、原則受け身でサービスを受けるため、迷惑行為を受けることはほぼありません。客層も落ち着いた人が多い傾向にあります。

3.【エリア別】風俗を利用する男性の客層

風俗を利用する男性の客層は、お店が位置するエリアによっても傾向が異なります。ここでは、風俗店が位置するエリア別の客層について解説します。

●ソープ街

全国各地に点在しているソープランドが密集しているソープ街は、地元のお客さんだけでなく観光客が多いことが特徴です。お店やキャストを選ぶ前に下調べを行うなど、遊び慣れた人が多いため、お店のルールを守って楽しく遊ぶ傾向が見られます。

ソープ街の風俗は、お金を持っているお客さんや中高年のお客さんが多く、客層は比較的良いと言えるでしょう。

●歓楽街

歓楽街に位置する風俗店は、飲食店でお酒を飲んだ後に来店する人が多く、若者から年配層まであらゆる客層が入り乱れる傾向にあります。ソープ街とは異なり、新規のお客さんや周辺に住むお客さんが多いことが特徴です。

歓楽街の風俗は客層がさまざまであることに加え、お酒に酔ったお客さんも混じるため、マナーの悪いお客さんも一定数存在します。

●ターミナル周辺

空港・新幹線といったターミナル周辺の風俗店は、出張や移動の合間に訪れるビジネスマンが多い傾向にあります。ターミナル周辺にはビジネスホテルが多数存在しており、利用される風俗の業種としてはデリヘルが主となります。

ターミナル周辺の風俗には、お酒が入っていることも少なく、清潔感がありルールやマナーを守れる人が多いため、客層は良いと言えるでしょう。

4.マナーの悪いお客さんの対処法

業種やエリアにより差はありますが、風俗で働いている限りマナーの悪いお客さんに遭遇することはどうしても避けられません。キャストは個室でマンツーマンの接客を行うため、自分の身を守るためにも、マナーの悪いお客さんの対処法を知っておくことが重要です。

ここからは、マナーの悪いお客さんの対処法を2つ解説します。是非確認しておいて下さい。

4-1.スタッフに相談してNG・出禁にしてもらう

風俗での接客中にNG行為や本番強要などを行うお客さんに対しては、まずはいたずらに刺激しないようにさりげなく注意しましょう。それでも聞き入れてもらえない場合は、「お店に連絡します。」と強めに注意します。

注意をしてもマナーを守らないお客さんや、逆上して怒り出したりするお客さんに対しては、残念ながらキャストが注意しても無駄です。

マナーの悪いお客さんに何度も来店されては身が持たないため、お店のスタッフに報告して次回以降NGや出禁にしてもらうことがおすすめです。マナーの悪いお客さんの対応はお店側も心得ているため、安心して相談しましょう。

4-2.安心して働けるお店に移る

風俗で働く場合は、ある程度マナーの悪いお客さんを上手く扱う、接客テクニックを覚えることも重要です。しかし、お店やスタッフの雰囲気が悪く、マナーの悪いお客さんの適切な対処を行わない場合があります。

このようなケースでは、長期的に働くほど心身のストレスを抱えたり、トラブルに巻き込まれたりするリスクが高まります。状況の改善はまず期待できないでしょう。

具体的な対処法としては、健全な営業を行っており、客層も良いお店に移ることがおすすめです。風俗で安定して長く稼ぎ続けるためにも、不要なリスクがあるお店は避けて、安心して働けるお店へ入店するようにしましょう。

まとめ

風俗店は性的な欲求を満たしたい人や、女性に甘えたい人が来店するお店であるため、悪いお客さんが多いイメージがありますが、ほとんどのお客さんは「普通の人」です。客層はエリア・業種・お店のランクなどで異なる場合もあるため、安心して働きたい女性は情報を集めてなるべく客層の良いお店で働くと良いでしょう。

風俗は人の欲が絡む業種であるため、マナーの悪いお客さんやお店のルールを守れないお客さんが来店する場合もあります。しかし、管理や対応のしっかりしたお店を選び、万が一の際の対処法を身にけておけば、トラブルに巻き込まれるリスクは大幅に減らすことができます。

これから風俗で働くことを検討している女性の人は、今回の情報も参考にして安心して働けるお店選びに役立てて下さい。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム

電話でお問い合わせ

ページ上部へ