お役立ちコラム-column-

風俗で掛け持ちするメリット・デメリット|鬼出勤との比較も

風俗は、効率よく高収入を稼げる人気の仕事です。現在風俗店で働いている人の中には、より高収入を稼ぐために掛け持ちを考えている人も多いのではないでしょうか。風俗店では、店によって掛け持ちできるかどうかは異なります。風俗店で掛け持ちする際は、店のルールを確認しましょう。

当記事では、風俗で掛け持ちするメリットとデメリットについて解説します。また、掛け持ちと鬼出勤の比較もまとめています。掛け持ちや鬼出勤で収入をアップさせたい人や、自分に合った働き方に迷っている人はぜひ当記事を参考にしてください。

1.風俗における「掛け持ち」の実態

風俗は、ナイトワークの中でも効率よく給料を稼げる仕事として人気があります。実際に風俗店で働いている人の中には、より高収入を稼ぐために、掛け持ちを考えている人もいるのではないでしょうか。

法律的には、風俗店の掛け持ちは特に問題ありません。しかし、店によってそれぞれのルールがあるため、掛け持ち禁止の店も存在します。掛け持ち禁止の店に所属して、他の店でも働いていた場合、トラブルの原因となるため注意が必要です。

風俗店で掛け持ちする際は、店選びに気をつけてルールやマナーを守ったうえで、上手に掛け持ちを行いましょう。

1-1.風俗店の掛け持ち

風俗店の中には、掛け持ちを許可している店と禁止している店があります。また、掛け持ちを許可している店の中でも、条件はさまざまです。例えば、下記のような条件があります。

  • エリアが違えばOK
  • 業種が違えばOK
  • 系列店や姉妹店はOK

掛け持ちOKの店は、面接時に掛け持ちの条件について説明されるケースが多く、ルールが明確にされています。もし、面接時に掛け持ちに関する説明がない場合は、掛け持ち禁止の可能性が高いため要注意です。

風俗店としては、本音は掛け持ちしてほしくないという気持ちがあります。しかし、女性を集めるためには、できるだけ求人条件はゆるいほうが良いなど、さまざまな事情から掛け持ちを許可しているところがほとんどです。

風俗店の掛け持ち禁止は、業界では暗黙の了解とされており、基本的には掛け持ちを禁止している傾向があります。特に、高級店や有名店、デリヘルなどの出張型風俗店は情報流出を避けるために、掛け持ち禁止としているところが少なくありません。特に掛け持ち禁止といわれていなくても、勤務先に無断で掛け持ちすることはやめましょう。

1-2.違う仕事との掛け持ち

風俗とは異なる仕事の掛け持ちには、2種類の方法があります。ひとつはキャバクラやガールズバーなど、ナイトワークの掛け持ちを行う方法です。もうひとつは、昼職との掛け持ちを行うという方法があります。

キャバクラやガールズバーなど、ナイトワークの掛け持ちは、風俗店同士の掛け持ちと比べてそれほど厳しく禁止されていません。しかし、ナイトワークは風俗店と勤務時間帯が重なるため、店側としては女性の出勤が減るデメリットを懸念します。そのため、店によってはナイトワークと風俗店の掛け持ちもあまり歓迎していません。

昼職と風俗店の掛け持ちは、勤務時間帯が重なっていないこともあり、特に禁止していない店が大半です。もともと社会人の副業として風俗店で働く女性が多いことが、理由として挙げられます。また、昼職を続けていれば職歴のブランクがなくなるなどのメリットがあります。

2.風俗店を掛け持ちするメリット・デメリット

風俗店を掛け持ちする際は、今在籍している店に迷惑がかからないように行うことが大切です。風俗店の掛け持ちはメリットとデメリットがあるため、それぞれをよく比較して選びましょう。

ここでは、風俗店の掛け持ちに関するメリットとデメリットを解説します。

2-1.メリット

風俗店の掛け持ちで得られるメリットは、以下の通りです。

〇気分転換ができる

ひとつの店で長く働いていると、自分でも気づかないうちにマンネリ感が出てしまいます。ソープとデリヘルなど、違った風俗店を掛け持ちすることで、適度な気分転換となるでしょう。それぞれの店に戻った際に新鮮な気持ちで働けるため、モチベーションもアップします。

〇出勤にレア感が出る

風俗店を掛け持ちしていると、ひとつの店に出勤する機会が少なくなります。お客さんは、風俗嬢のレア感に弱い傾向があり、「めったに出勤しないレアな女性とプレイできる!」という理由で、指名を獲得できることがあります。また、レア出勤の風俗嬢=素人というイメージも強く、お客さんに好印象を与えます。

〇収入が安定する

風俗店の人気・集客力は、常に一定とは限りません。人気の高い風俗店で働き始めたものの、突然人気が下がってしまうことがあります。複数の風俗店で掛け持ちしていると、複数の収入源を持つこととなり、収入が安定化します。

このように、複数の風俗店で働くと、収入の安定化や気分転換の効果を期待できます

2-2.デメリット

一方で、風俗店の掛け持ちには、以下のようなデメリットがあります。

〇掛け持ちがバレた際の罰則がある

掛け持ち禁止の店で掛け持ちがバレた場合、何らかの罰則があることが考えられます。罰則がない場合でも、フリー客の割り当てが優先されないなどのデメリットがあります。ただし、実際には女性を大切にする風俗店が多いため、特に差別的な扱いを受けることは、多くありません。

〇源氏名の使い分けが面倒である

風俗店では源氏名を使いますが、掛け持ち先でそれぞれ源氏名を使い分けると混乱することがあります。勤務中に自分の源氏名を間違えてしまうと、お客さんに不信感を与えるため、注意しましょう。

〇お客さんにバレた際の対応が厄介な場合がある

同じエリアで掛け持ちしていた場合など、お客さんに掛け持ちがバレるケースがあります。例えば、デリヘルとソープを掛け持ちしていた場合は、サービス外のプレイを求められることがあり、毅然とした態度で断るなど適切な対処が必要となります。

このように、掛け持ちは店との関係でのデメリットよりも、お客さんとの関係でのデメリットについて、十分に考慮する必要があります

3.掛け持ちと鬼出勤はどちらが稼げる?

風俗店の働き方のひとつに「鬼出勤」というものがあります。鬼出勤とは「鬼のように、たくさん出勤する」という意味です。鬼出勤の状況は人によっても異なりますが、週5日以上、1日8時間以上の勤務を行う場合は鬼出勤であるといえます。

掛け持ちと鬼出勤はそれぞれ働き方のスタンスが正反対となるため、どちらが稼げるかは自分の考え方や店の状況により異なります。

風俗店の働き方のタイプ
掛け持ちが向いている人
  • いろいろな店や業種で働いてみたい
  • 常連さんを作りたくない
  • 自分に向いている店・業種が分からない
鬼出勤が向いている人
  • ひとつの店で稼ぎたい
  • 常連さんを作りたい
  • 自分に向いている店・業種が分かっている

3-1.鬼出勤のメリット・デメリット

鬼出勤も、掛け持ちと同様にメリットとデメリットがあります。ここでは、鬼出勤のメリットとデメリットについて解説します。

【鬼出勤のメリット】

  • 稼ぎやすい
  • 店から優遇されやすい

鬼出勤を行う最大のメリットは、出勤日数を増やすことで高収入を稼げる点です。鬼出勤では長時間の勤務が行えるため、長い時間のプレイも受けやすくなります。また、店としても出勤数が多い女性は貴重な存在であるため、フリー客の割り当てでも優遇される傾向にあります。

【鬼出勤のデメリット】

  • 仕事がマンネリ化してくる
  • 素人っぽさを演出しにくくなる

鬼出勤のデメリットは、同じ仕事を長く続けることによるマンネリ化です。同じプレイを続けることで、仕事に飽きてしまう可能性があります。また、出勤のレア感がなくなり、素人っぽさを演出しにくくなる点もデメリットといえます。

自分の性格や稼ぎ方を踏まえて、掛け持ちと鬼出勤のいずれが自分に向いているか考えましょう。

まとめ

風俗店で高収入を稼ぐためには、店舗間の掛け持ちか鬼出勤のいずれかの働き方があります。風俗店は掛け持ち禁止が暗黙の了解であるため、内緒で掛け持ちすることはおすすめしません。掛け持ちの際は掛け持ちOKの店で働き、それぞれの店のルールを守りましょう。

自分の向いている店・業種が分かっている場合は、掛け持ちよりも鬼出勤のほうが、効率的に稼げます。自分の性格や稼ぎ方を考えて、自分に合った風俗の稼ぎ方を選択しましょう。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム

電話でお問い合わせ

ページ上部へ