お役立ちコラム-column-

風俗で身バレする原因&対策法|バレずに働けるお店の選び方 | 大阪の高収入風俗(ホテヘル)求人なら激安商事グループ求人サイト

店舗型ヘルスやデリヘルなどの風俗で働きたいと考えているものの、「身バレ」が不安で二の足を踏んでいる人は多いでしょう。
たしかに、風俗はお客さんとの距離が近いため、身バレの可能性が高い仕事です。
しかし、身バレの原因と対策法をしっかりおさえれば、身バレの心配をせずに働くことができます。

今回は、風俗で身バレする主な原因や身バレしないための対策方法、身バレを防ぐ「アリバイ対策」があるお店を紹介します。
身バレを防ぎ、風俗で快適に働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.風俗で身バレする原因とは?

風俗での身バレと言えば、知り合いがお客さんとして訪れてバレてしまうというシチュエーションを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、知り合いがお客さんとして訪れることでバレるパターンは極稀であると言われています。風俗で身バレする主な原因は、以下の5つです。

1-1.親しい友人に打ち明ける

風俗で働いていることを友人に言いふらされてしまうことは、風俗で身バレする原因の中で特に多いと言われています。

風俗で働くと、さまざま悩みが生じます。
しかし、お店のスタッフや女の子たち、家族に悩みを相談できないからと言って、親しい友人に風俗で働いていることを打ち明けて相談に乗ってもらうことはおすすめできません。

どれだけ信用できる親しい友人であっても、悪意なく口をすべらせてしまう可能性もあります。

1-2.生活水準が突然変わる

風俗で働くと、一般的な仕事では稼ぐことが難しいほどの高収入を得ることができます。

しかし、一般的な人と金銭感覚のズレが生じ、生活水準が突然変わることから、周囲に風俗で働いているとバレてしまう人は少なくありません。

1-3.SNSの通知設定やアカウントの切り替えを忘れる

SNSにおいて、風俗嬢としてのアカウントとプライベートのアカウントを2つ持っている人もいるでしょう。
しかし、SNSの通知設定をオンのままにしていたことにより、通知画面を人に見られて身バレしてしまうことがあるため、注意が必要です。

また、アカウントの切り替えを忘れてお店のことやプライベートのことを投稿してしまい、身バレするケースもあります。

1-4.パネル写真を知人に見られる

パネル写真は、お客さんが風俗嬢を選ぶ際にチェックする写真のことで、お店のホームページ上に掲載されたり、店頭に置かれたりします。
このパネル写真によって、身バレをするケースも少なからずあります。

特に、ホームページは多くの人が目にするため、知人や家族に身バレしてしまう主な原因の1つです。
さらにプロフィールの年齢や誕生日、血液型などをすべて素直に掲載すると、写真を見た時点で「もしかして」と感じた人がプロフィールを見た際、一瞬で疑いから確信に変わってしまいます。

1-5.写メ日記に特定されるものを写している

パネル写真による身バレは、顔出しをNGにすることで防ぐことができます。
しかし、顔出しをしていないからと言って、必ず身バレしなくなるわけではありません。

風俗嬢の仕事には、「写メ日記」の更新作業が必須となっているお店もあります。
写メ日記は、お客さんを獲得するうえで重要な役割を果たすツールです。
たとえ顔出しをしていなくとも、写メ日記に普段プライベートで着用している私服などが写り込んだ写真を掲載すると、身バレの可能性が高まります。

2.風俗で身バレしないための対策方法

ここまで紹介したように、風俗における身バレは、自分の不注意で起こってしまうケースが少なくありません。
しかし裏を返せば、風俗での身バレは自分で防ぐことができると捉えることもできます。

ここからは、風俗で身バレしないための対策方法を6つ紹介します。

2-1.プライベートで業界用語を使わない

プライベートで風俗の業界用語を使ってしまうと、風俗の利用経験がある人などに風俗で働いていることがバレてしまうため、注意が必要です。

とは言え、風俗の業界用語には、1時間を「60分」と言うなど、一般の人も使う機会が多い表現もたくさんあります。
そのため、必要以上に神経質にならなくても良いのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、風俗に詳しい人や敏感な人であれば、風俗で働いていると察知してしまう可能性があります。
身バレを防ぎたいのであれば、一般的な言葉と思われる言葉であっても、風俗でよく使われる言葉については、使わないように気を付けてください。

2-2.お金の消費量を増やさない

風俗嬢として働いて大金を得ると、高級ブランド品を買ったり海外旅行に何度も出かけたり、今まではできなかったお金の使い方をしてみたくなるでしょう。

しかし、お金の消費量を極端に増やしてしまうと、身バレする可能性が高まってしまいます。
そのため、身バレを防ぐためには、生活水準を突然上げることはせず、これまで通りの生活をすることが大切です。

稼いだお金は、誰にも知られないように秘密の口座を作って貯金しておき、少しずつ使うように心がけましょう。

2-3.お店の人に連絡を控えてもらう

配偶者や恋人と一緒にいるときにお店から何度も連絡が入ると、浮気をしているのではないかと疑われ、最終的に風俗で働いていることがバレてしまう可能性があります。
そのため、お店のスタッフに身バレが怖い旨を伝え、連絡を控えてもらいましょう。

ただ、大事な連絡が取れなければお店のスタッフも困ってしまうため、「連絡が必要なときにはワン切りをする」などの連絡手段を提案してあげてください。

2-4.SNSや写メ日記に普段使用しているものを写さない

SNSや写メ日記を更新する際は、私服はもちろん、普段使用しているものが写っている写真を掲載しないように注意することが大切です。

たとえば、自宅での出来事を紹介するために私物がたくさん置かれている部屋の写真を掲載した場合、部屋を訪れたことがある人には、すぐに身バレしてしまうでしょう。
また、部屋の間取りや窓から見える風景を見て、自宅を特定するお客さんが現れる可能性もあります。

身バレを防ぐことはもちろん、自分の身を守るためにも、SNSや写メ日記に個人情報が割り出されてしまう可能性がある写真を掲載しないよう、十分注意してください。

2-5.普段から服装やメイクを大きく変えない

風俗で働く女性の多くは、華やかな服装やメイクをしています。
そのため、周囲の影響を受けて服装やメイクを派手にする人もいるでしょう。

しかし、これまで落ち着いたメイクしかしてこなかった女性が、突然派手な服装やメイクをするようになることで、風俗で働いていることがバレてしまう可能性があります。

華やかな服装やメイクは仕事用と割り切り、普段は風俗で働く前と変わらないメイクをしましょう。

2-6.地元や職場の近くで働かない

風俗嬢として働くお店を選ぶ際は、地元や職場から遠く離れたエリアにあるお店を探すことが大切です。
地元や職場の近くにある風俗で働いた場合、知り合いがお客さんとして訪れたり、風俗街で知り合いに出会ってしまったりして、身バレする確率が跳ね上がります。

地元や職場の知り合いに身バレすることを防ぎたい人は、地元や職場からのアクセスが悪い場所にあるお店を選ぶように心がけてください。

3.身バレを防ぐなら「アリバイ対策」のあるお店で働こう!

徹底して身バレを防ぎたいのであれば、アリバイ対策を行っているお店で働くことがおすすめです。
お店が行う主なアリバイ対策には、以下の3つが挙げられます。

〇お客さんの顔を確認して接客の可否を決められるシステム

風俗嬢がお客さんの顔を確認できるモニターやマジックミラーを設置し、知り合いの場合には接客を避けられるシステムを採用しているお店もあります。

〇写真の加工

ホームページや雑誌に掲載する写真を別人のように加工してくれるお店で働けば、知り合いに身バレする可能性を低くすることが可能です。

〇一般企業のフリ

風俗嬢の家族などへの身バレを防ぐことを目的に、一般企業のフリをするための電話回線やアリバイ会社名義の給与明細書を用意しているお店もあります。

自分の努力だけで身バレを防ぐことが不安な人は、アリバイ対策が万全なお店の求人情報を探して応募しましょう。

まとめ

風俗での身バレは、自分の不注意で起こってしまうことが多いと言われています。
そのため、風俗での身バレを防ぐためには、プライベートで業界用語を使わないように気を付けたり、普段の生活を変えないように心がけたりするなどの努力を続けることが大切です。

また、お客さんの顔を確認してから接客をするかどうかを決められるなど、アリバイ対策があるお店を選べば、徹底して身バレを防ぐことができます。
ここまで紹介した情報を参考に、ぜひ身バレを回避しながら、風俗嬢として快適に働けるお店を選んでください。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム
激安グループ各店舗一覧

電話でお問い合わせ

ページ上部へ