お役立ちコラム-column-

風俗で出戻りはできる?メリットや流れについても解説

ソープランドやデリバリーヘルスを始めとする風俗の仕事は、他の業種と比べて稼ぎやすく、女性にとっての多くのメリットがあります。そのため、一度辞めてしまったけど、また働きたいと思っている人もいるでしょう。

しかし一方で、以前働いていたお店に出戻りできるかどうか、不安を感じている人も少なくありません。

そこで今回は、風俗業界における出戻り事情について徹底解説します。また、出戻りするメリットや、出戻りする流れについても紹介しているため、風俗業界への出戻りを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.風俗において出戻りは可能?

一般的な企業に勤めている場合、出戻りは難しいです。同職種に転職するケースはよくある話ですが、同じ会社へ再び就職できるケースはほとんどありません。

しかし、風俗業界においては事情が異なります。

まずは、風俗業界における出戻り事情について見ていきましょう。

1-1.出戻りはできる

風俗業界において、一度辞めたお店に出戻りすることは可能です。もちろんお店と過去にお店と大きなトラブルがあったり、規約違反で辞めたりした場合は、不可能な場合もあります。しかし、例外的なケースを除けば、基本的には理由問わず同じお店で再び働くことは可能です。

実際、求人情報サイトに「出戻り歓迎」と記載しているお店が大半です。お店側も在籍する女性キャストが増えることはメリットであるため、喜んで受け入れてくれます。一度辞めたからと言って、同じお店で働くことを諦める必要はないでしょう。

1-2.出戻りする女性は多い

風俗業界では、出戻りを可能としているお店が多いことから、再び同じお店で働く女性は多数います。

出戻りする代表的な理由として、以下のような内容が挙げられます。

  • ●一旦は企業に就職したけど、Wワークで風俗の仕事を再び始めたい
  • ●普通のアルバイトでは目標貯金額がなかなか達成できない

他にも、長期間の海外留学が終わったため再び風俗で生活費を稼ぎたい人や、家庭の事情で急にお金が必要になったため短期間だけ再び風俗の仕事をしたいといった人など、出戻りを希望する事情はさまざまです。

1-3.出戻りが断られる場合もある

風俗業界で出戻りは歓迎されることが多いですが、断られることもあります。
出戻りが断られる理由は、以下の通りです。

〇辞める時の印象が極端に悪かった
連絡もなく突然出勤しなくなったり、規則違反を犯したりと、極端に悪い印象で辞めた場合、出戻りを断られることがあります。お店側も「また同じことをされたら困る」と考えるため、断らざるをえません。

〇容姿が大きく変化した
妊娠・出産で体型やルックスが以前と比べて大きく変化していると、お店側はやむを得ず断ることもあります。
ただし、風俗業界においてはぽっちゃり系や人妻系などさまざまなジャンルが存在するため、見た目を理由に断られても別のお店を探すことで再び働くことは可能です。

〇年齢制限の条件をクリアできなくなった
風俗店の中には、「◯歳以下まで」といった年齢制限を設けているお店もあります。風俗業界を離れて長い年月が経ち、年齢制限の条件をクリアできなくなると、お店側も断らざるをえません。
年齢制限で出戻りができない場合は、年齢制限を広く設けている他のお店を探すようにしましょう。

2.出戻りする人が多い理由

風俗業界では出戻りする人が多いと説明しましたが、そもそもなぜ出戻りする人が多いのでしょうか。もちろん純粋に給料が高いというメリットもありますが、風俗業界に出戻りする理由はさまざまです。

ここでは風俗業界に出戻りする理由の中でも、特に多い理由について紹介します。

2-1.好きな時に働けるため

勤務時間の柔軟性は、風俗業界ならではの魅力です。一般的な企業だと、月〜金曜日の日中に勤務するシフトが一般的ですが、風俗店においては自分の好きな時間を選択できます。

プライベートの予定がある日や体調が悪い日は休める上、暇な日は長時間勤務することも可能です。また、出勤日や時間の融通が利くことから、他の仕事と掛け持ちをして効率良く稼ぐこともできます。

そのため、自由出勤が魅力的という理由で、風俗業界に出戻りする人は非常に多いと言えます。

2-2.人間関係で悩むことがないため

風俗店において、人間関係が複雑化することは極めて少ないです。仕事上で関わる人は、男性スタッフ・女性キャスト・お客さんくらいであり、人間関係は限られています。

男性スタッフや女性キャストに関しては挨拶をする程度で、密にコミュニケーションをとって仕事を進めることはありません。また、お客さんについても、限られた時間内でコミニュケーションをとるだけです。

企業における仕事のように他人と密にコミュニケーションをとる機会が少ないため、その分人間関係のトラブルを回避できます。

人間関係で悩みたくない人にとって、風俗業界は働きやすい業界です。

3.出戻りのメリットは?

出戻りで同じ店でもう一度働くことには、2つのメリットがあります。

〇慣れている環境で働くことができる
人は新しい環境で働こうとすると、少なからず負担があります。初対面の人に会ったり、新しいルールを覚えたりと、何かと大変です。

しかし、以前働いていたお店であれば、スタッフは顔馴染みである上、新しいことを覚える必要はありません。
職場に不安を抱くことなく、安心して働き始められることは大きなメリットです。

〇昔のお客さんが戻る可能性がある
風俗で稼ぐにあたって、リピート客は大きな収入源です。純粋にお客さんの数が増えるだけでなく、指名料もさらに上乗せされるため、リピート客が増えれば増えるほど稼げます。

他のお店で働き始めた場合、指名客を新たに獲得する必要があります。しかし、出戻りであれば、昔自分のことを気に入ってくれていたお客さんが再度訪れてくれる可能性が高いです。

このことから、昔のお客さんが戻り稼ぐための土台を作りやすいことも、出戻りするメリットと言えます。

4.実際に出戻りする場合の流れとは?

風俗業界に出戻りをしたいと思っても、どのような手順を踏めば良いのか分からない人もいるでしょう。以前働いていたお店でもう一度働くことがベストとは限らない場合も、少なくありません。

ここでは、実際に出戻りする場合の流れについて解説します。また、以前働いていたお店ではなく、新しいお店を探したほうが良いケースも併せて紹介します。

4-1.お店に連絡する

風俗業界に出戻りしたい場合は、以前働いていたお店に連絡をするだけで問題ありません。「以前働いていた〇〇(自分の名前)ですが、もう一度そちらで働かせていただくことは可能でしょうか?」と、出戻りしたい意思を伝えましょう。

連絡手段は、電話とメールのどちらでも可能です。お店に直接電話しづらければ、携帯に残っているスタッフの連絡先にコンタクトしてもいいでしょう。

お店に直接電話する際は、以前お世話になっていた人に電話を繋いでもらうとスムーズです。顔馴染みの人であれば、話も円滑に進みます。

4-2.新しいお店を探すほうが良いケースもある

以下のようなケースにおいては、以前働いていたお店に出戻りせず、新しいお店を探したほうが得策です。

  • ●ブランク期間が長い場合
  • ●人間関係のトラブルになった相手が残っている場合

辞めてから長い期間が経っていると、顔馴染みのスタッフやお店に通っていたお客さんがいなくなっている可能性が高いです。時間が経つと環境も変わるため、より待遇の良いお店を探したほうが稼げます。

喧嘩や揉め事のあった男性スタッフや女性キャストがお店に残っている場合、出戻りしても気まずいだけです。再びトラブルになる可能性もあるため、新しいお店を探したほうが気持ち良く働けるでしょう。

まとめ

風俗業界は一度辞めても出戻りが可能であり、実際に出戻りする人も多数います。お店側も出戻りを歓迎してくれるため、もう一度働きたいという意思さえあれば、すぐにでもお店に戻ることが可能です。

ただし、場合によっては出戻りよりも新しいお店を探したほうが良いこともあります。風俗業界における出戻り事情をしっかりと把握した上で、効率良く稼ぎましょう。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム

電話でお問い合わせ

ページ上部へ