お役立ちコラム-column-

風俗で働くのに年齢制限はある?年齢別おすすめのお店とサバ読み方法 | 大阪の高収入風俗(ホテヘル)求人なら激安商事グループ求人サイト

これから風俗で働こうと思っている方にとって、「自分の年齢でも働けるの?」という点は一番気がかりでしょう。「若さ」が重視される風俗店も少なくないため、年齢を気にすることは不自然ではありません。

そこで、本記事では風俗と年齢の関係について解説します。風俗での年齢制限や年齢別のお店の選び方、年齢のごまかし方まで説明しているため、年齢が心配な方はぜひ参考にしてください。

1.風俗で働くのに年齢制限はある?

風俗業には、年齢制限が存在します。ただし、年齢の「下限」に関しては法律で規制されていますが、年齢の「上限」に特に定めはありません。
では、デリヘルをはじめとする風俗では、何歳から働くことができるのでしょうか。

ここでは、風俗の年齢制限について、下限と上限に焦点を当てて紹介します。

1-1.18歳から働ける

デリヘルをはじめとする風俗業では、風営法という法律により、18歳未満の方は働けないという年齢の下限が設定されています。

風営法とは?

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略称で、ホストクラブやキャバクラ、デリヘルを含む風俗営業及び性風俗関連特殊営業などを規定する法律。

そのため、18歳未満の方は風俗で接客・接待することはできません。

高校在学中に18歳となる方もいますが、高校に在籍している間に風俗で働くことは危険です。多くの高校では生徒が風俗業に従事することを認めていないため、風俗で働いていることが発覚すれば、退学や停学処分を受ける原因となります。

1-2.50歳が目安だけどお店によっては何歳でも働ける!

法律の観点から言うと、勤務する人の年齢の上限は決められていないため、18歳以上の女性であれば風俗で働けます。

しかし、お店がすべての年齢の女性を採用するとは限りません。お店は、自店のコンセプトや男性客のニーズに合う女性を採用するためです。

たとえば、ギャル店や若妻店であれば、10~20代の女性が優先的に採用されます。一方で、人妻系の風俗店には30~40代の女性が、熟女系の風俗店には50代の女性が数多く働いていることもあります。

お店によって異なりますが、風俗における年齢の上限は50歳が目安です。
60~70歳以上の高齢の男性客の中には、女性との会話を楽しみに風俗を利用する方、50代の女性を好んで指名する方もいます。そのため、固定客がいる限り、何歳でも風俗で働くことは可能です。

2.【年代別】おすすめの風俗店

デリヘル店を含む風俗では、お店のコンセプトによって採用される女性の年齢の幅が異なります。そのため、お店の特徴を捉えることが、風俗店で働くための近道です。

ここからは「年代別のおすすめ風俗店」を紹介します。風俗店ごとの特徴を理解して、自分に合うお店を選びましょう。

2-1.20代が多く在籍する風俗店

20代が多く在籍する風俗店には、若年層の男性客、あるいは若い女性に接客してほしい40~50代の男性客がよく訪れます。そのため、男性客のニーズに合う女性を採用する傾向にあります。

20代が多く在籍する風俗店

  • 女子大生系風俗店
  • 素人系風俗店
  • 若妻系風俗店

お店のホームページで「女子大生」や「素人」をアピールポイントにしていれば、20代の女性を積極的に採用しています。求人情報の募集欄に、求めている女性の年齢を明記している風俗店もあるため、採用ページもよく確認しましょう。

風俗業で初めて働く場合は、素人系風俗店・素人専門店がおすすめです。素人系のお店であれば、スタッフは初心者の女性と多く接してきているため、初歩的なサービス内容から親切にレクチャーしてくれます。

2-2.30代が多く在籍する風俗店

年齢を重ねるにつれて男性・女性ともに結婚する方が多くなり、男性客が求める女性像も変わります。そのため、下記のような風俗店に30代の女性が多く在籍しています。

30代が多く在籍する風俗店

  • 人妻系風俗店
  • 素人熟女系風俗店
  • 美魔女系風俗店

30代が多く在籍する風俗店の中では、特に人妻系風俗店が男性客から人気があるため集客力が高く、効率的にお金を稼ぎたい女性におすすめです。
人妻店には、夫に秘密で風俗で働いている既婚者もいます。夫に発覚しないよう店側でアリバイ工作を行ってくれることも、30代が多く在籍する風俗店の特徴です。

2-3.40代以上が多く在籍する風俗店

40代を超えると「自分は風俗店では働けない」と思う方もいるでしょう。しかし、若い女性ではなく、美しく年齢を重ねた女性を求める男性客もいるため、40代以上が多く在籍する風俗店もあります。

40代以上が多く在籍する風俗店

  • 熟女系風俗店
  • 人妻系風俗店
  • 美魔女系風俗店

熟女系風俗店を中心に、40代以上の女性が多く働いている風俗店もあるため、40歳を超えていても風俗で働くことは可能です。

特に人妻系や熟女系のお店では、40代の女性が主力として働いていることもあります。同年代の女性を求める50~60代の男性客は意外と多く、50代でも風俗で高収入を得ることができます。

40代以上が多く在籍する風俗店であれば、「年齢」を弱点ではなく「大人の魅力」として生かせるでしょう。

3.年齢のサバ読みはマイナス何歳まで可能?

風俗店で働く女性にとって、年齢の「サバ読み」は一般的です。「サバ読み」と言うと、年齢を若くごまかすイメージがあるかもしれませんが、お店のコンセプトに合わせて年齢を高めに設定することもあります。

ただし、年齢のサバ読みは、メリットだけでなく注意点も存在します。サバ読みの意味と効果を理解して、無理のない範囲で活用しましょう。

3-1.サバ読みのメリットと注意点

年齢をサバ読みするメリットは「集客力アップ」と「身バレの防止」が挙げられます。

・集客力アップ
年齢のサバを読むことで集客力が向上することは、サバ読みの大きなメリットです。女性の年齢は、男性客が女性を指名する際に基準となります。そのため、お店でよく指名の取れる年齢にサバ読みすると、男性客から指名される機会が増える可能性があります。

・身バレの防止
年齢をサバ読みすることで、身元を知られてしまうリスクが軽減します。風俗店のホームページに実年齢と異なる年齢を掲載すれば、プロフィールを読んだ身内に怪しまれる心配はないでしょう。家族に内緒で働いている場合は、年齢をサバ読みする方が安全です。

ただし、あまりにも実年齢とかけ離れた年齢にサバ読みすることはリスクが伴います。サバ読みした年齢をもとに指名をもらった際、サバ読みした年齢と実際の容姿が大きく違うと男性客からクレームが来る恐れがあります。

3-2.サバ読みは「実年齢のマイナス1割」が無難

年齢のサバを読むときは、「実年齢のマイナス1割」または「実年齢のプラス1割」にしましょう。20~30代の女性であれば、プラスマイナス2~3歳が目安です。

年齢のサバ読みで意識したい点は、見た目とのギャップです。実年齢よりも若く見られる童顔の女性であれば、多めにサバ読みしても男性客とトラブルとなることは少ないでしょう。一方で、実年齢よりも上に見られる女性の場合、10歳以上若く設定するなど、あまり大きくサバ読みすることはおすすめできません。
実年齢の1割を目安に、違和感のない範囲で年齢のサバ読みを心がけましょう。

3-3.他人に評価してもらうことも大切!

風俗業で働くことに慣れていない方であれば、自分でサバ読みの年齢を設定することが難しい方もいます。

「どれくらいの年齢にサバを読めばよいかわからない」という場合は、店長や男性スタッフに相談してみてください。店長や男性スタッフは、数多くの女性と接してきた経験があり、お店を利用する男性客のニーズも把握しています。お店のコンセプトと女性の容姿を踏まえて、客観的な立場から適切な年齢を設定してもらえるでしょう。

年齢のサバを読むことはめずらしくないため、風俗で自分の歳を気にする必要はありません。風俗で働くことに興味のある女性は、積極的にチャレンジしてみましょう。

まとめ

デリヘルをはじめとする風俗業界では、18歳未満の方は働けません。しかし、年齢の上限に関する法的規則はないため、何歳であっても風俗店に勤務することが可能です。

風俗店の求人を探す際は、お店のコンセプトや自分の年齢に合うお店選びが大切です。熟女系や人妻系など、実年齢を生かせるお店を探してみてください。

ただし、年齢のサバ読みをするときは、実年齢と見た目のギャップに注意する必要があります。適切な年齢にサバを読むことができれば、身バレを防ぎつつ、指名数の増加を狙えるでしょう。


基礎知識からお役立ち情報まで公開中!お役立ちコラム
激安グループ各店舗一覧

電話でお問い合わせ

ページ上部へ